小論文を制するためにはテーマを読み解くことが重要!

小論文を制するためにはテーマを読み解くことが重要!

人形と本

文章に一貫性を持たせる

受験などで小論文を書く際には、どうしたら良いのか迷うこともあるでしょう。全体的な視点で見ると、文章の初めと終わりで意見が統一しているかどうかが大切です。闇雲に文章を書いていると自分が何が書きたいかがわからなくなるので、気をつけましょう。

作文用紙

文字数を気にする

小論文の内容に入る前に、所定の文字数に合っていない場合は大幅な減点となることがあります。〇文字以上であれば、その文字数を超えること、〇文字以内であれば、その数字を超えず、なるだけ近い文字でおさめるようにして下さい。

婦人

過去のテーマを参考にする

小論文の勉強をするために、過去に出題されたテーマについて書いてみるのもおすすめです。ネットではそれぞれの学校別にテーマをまとめているサイトもありますので、参考にしてみて下さい。

小論文を書く上で重要なことを集めてみた

机とペンと原稿用紙

問題文を理解する

小論文の問題によっては、課題文が載っている場合があります。しっかり問題文を読んで、何を求められているのかを考えましょう。せっかく小論文を書いても方向性がずれていれば意味がありません。

流れを決める

一般的な書き方としては、序論、本論、結論の順番で文章を構成します。本論は全体の7~8割を占めるように詳しく書きましょう。

自分なりの解決方法を考える

問題提起がされている課題では、自分の考え方や解決方法が重要なポイントになってきます。小論文で導き出した答えには正解というものはありません。自分なりの答えを見つけて下さい。

論理的な表現を心がける

小論文は作文とは違い、自分の考えを示し、読み手を納得させる理由が必要です。また、読み手に伝わりやすい文章の流れを意識した表現も大切です。

希望する学部や学科について理解する

自分の学びたいことや将来について書く場合には、希望する学部や学科に沿った内容にしましょう。受験する所からあまりにも離れていると、読み手に不自然な印象を与えてしまいます。