一棟売りマンションを買うなら一括借り上げでリスクヘッジ

不動産の有効活用

部屋

持ち家の活用術

「家を購入したけど、転勤になってしまった・・・・・・」。企業に勤めている人であれば、こうした思わぬ人生の転機に差し掛かることは珍しいことではありません。しかし、当の本人は、買ったばかりの家を売却するかどうかの難しい決断に迫られます。またリターンで戻ってくる可能性がある、将来的には今住んでいるところで老後を過ごしたいという時は、できれば所有しておきたいのが実情です。
ここで、使わない持ち家をお得に使えるのがリロケーションであり、留守宅を賃貸に出して収益を得ることができます。リロケーションなら、持ち家を所有したまま賃貸に出すことができるので有効活用できます。

賃貸との違いに注目

リロケーションと普通の賃貸の違いは、契約内容にあります。例えば、普通の賃貸は契約の定めがあるものの、基本的に契約年数プラス更新ができるようになっています。ここは家主の事情も考慮されることもありますが、原則的に賃借人の希望を一番に考えて更新できるようになっています。一方、リロケーションは、家主が戻ってくることを前提にしているので、賃貸契約の更新がありません。2年なら2年、3年なら3年といった一定期間の賃貸契約が締結できるようになっているので、家主の希望が通るのです。ただし、決められた期間での契約になることから賃借人探しが難航することもあり、早く契約するために家賃を相場よりも下げることもあります。このあたりは不動産会社と相談をしながら、適正な契約内容を固めて納得できる条件にしておきましょう。