一棟売りマンションを買うなら一括借り上げでリスクヘッジ

空室リスクの軽減

お金を持つ男性

マイナスに要注意

収益物件を購入して運用する時に見過ごせないのが、空室リスク。不動産は一般・法人向けに貸して収益を上げる方法が一般的です。その為、借り手がいなければ収益の元となる家賃を手にすることができません。そうなると、経費だけがかかってマイナスになってしまうから注意が必要なのです。もちろん、税金対策をメインとしている時や居住用に使用している時は、この限りではありません。ただ、安定した家賃収入生活を求めているのであれば、空室が大きなリスクとなることでしょう。
これを解消する手として多くの投資家が利用しているのが、一括借り上げ。一括借り上げはサブリースとも呼ばれていて、マンションやアパートを一棟丸ごと所有している時に専門業者に委託して借り上げをしてもらえます。一括借り上げをしておくと、空室であっても一定の家賃保証を受けることができるので、赤字になるリスクを背負うことはありません。

保証のバランスを考える

空室でマイナスになる事態を阻止する一括借り上げですが、利用時には注意をしておかないといけないこともあります。それは、入居率が100%に達した場合は損をすることもあることです。通常、空室の数に対して賃借人が増えれば増えるほど、家賃収入が上がります。しかし、一括借り上げは空室に対しての保証がされているので、一定の家賃保証額に設定されています。これにより、入居者がどんどん埋まっていくと差額が生じてくるわけです。もちろん、空室が埋まるかどうかは借り手の数次第になるので、判断が難しいです。失敗しない為には、先に一括借り上げを依頼する前後でどれだけの収入差が生まれるか、シミュレーションをしておきましょう。